無一文からたった3年で株式会社の社長に。風水のチカラを使って目に見えない「運」を引き寄せビジネスを短期間で軌道に乗せる!?

【働き方を考える】ある西陣織職人の弟子募集ツイートが炎上

【働き方を考える】ある西陣織職人の弟子募集ツイートが炎上ニュースで特集をしていたので
調べてみました。

西陣織を習いたい、将来的に仕事にしたい方を募集します。ただし最初の半年は給与的なものも出ませんし、その後の仕事を保証はできません。ただ、この西陣織の職人が減りゆくなか、将来的に技術を覚えておきたい方に無料で教授いたします。詳細はDMで聞いてください。

ツイートの出どころはコチラ
りんどう屋 京都西陣織伝統工芸士

問題になったのは
これは「ブラック企業ではないか?」ということ。

▼半年は給与的なものは出ない
▼その後の仕事を保証はできない

あなたはどう思いますか?

は約20年前、
一流のバーテンダーになりたくて
勇気を出して、
高松から大阪に出てきました。


労基法に触れていたのかもしれませんが、
私たちは
世界に通用するバーテンダーになるべく
互いに切磋琢磨して
日々自己研鑽していました。

(そのBAR出身の先輩や仲間たちは
今、世界中で知られる有名な方たちばかりです。)

その12年間の修行時代に
寝る間も惜しんで
努力してきた自分があるからこそ、

風水士になった今も、
誰に指示されることが無くても、
ひとりで自己研鑽することができ、
こうして夢を叶えることができています。

これは伝統工芸の職人さんや
私が経験したバーテンダー、
料理人、美容師などの職人さんだけでなく、
オリンピックを目指すような
トップアスリートの人たち、
音楽家や俳優業なども含め、
「道を極めたい人」はみな、

同じような日々なのだろうと思います。

要するに、
たった1度しかない人生を
どう行きたいか、
それぞれ自分で選択した道を
歩んでいけばいいだけなのでは
無いだろうかと思います。

こういう生き方が好きではない人は
選択しなくていい。
ただそれだけのことかな、と。

私の場合は
一生懸命頑張って
何かひとつのことに打ち込んでいくと
最初は何にもできなかった自分が
少しずつ、少しずつ
できるようになってくるのが
嬉しくなりました。

例えばブログを書き始めて
12年になるのですが、
最初はたったひとつ書くのにも
2~3時間かかってたなぁ、と
思い出しました。

今は大体15分くらい。

継続はチカラなり、で
何かひとつできるようになると
小さな成功体験を積むので
少しだけ自己価値が高くなります。

そして、また次の技術を
少しだけ背伸びして初めていく・・・。

例えば最初はブログも
文章だけの更新で精一杯だったのに、
写真も添付できるようになる。

写真を添付するのに慣れてくると、
今度は写真のクオリティを上げたくなる・・・。

そんな感じで
少しずつ、少しずつ
上手になっていきました。

そして・・・出版社から
風水本の出版オファーという結果に
繋がっていったのでした。
ちなみに今は
ある程度売れっ子なので
1年先までほぼ仕事が入っています。

経営者には日曜日もGWもありません(笑)

逆に平日休めるし、
日中はドライブに出かけ、
夜に仕事もできます。

どう生きてみたいか。

人生はお一人さま1回限りですから、
自分の好きな生き方で
良いように思います。

宙SORA

関連記事

【経済界 別冊「EVAN」創刊号に掲載】風水コンサルタント 宙SORA

風水オフィスを経営して13年目。 初めて「風水士」としてではなく 「経営者」として取材を受けました。 ありがたいことに2ページ見開きでの掲載です。 私の場合、経営者になりたくて 起業したわけではありませんでした。 「借金 …

【「みんなと同じ」から「人と違う」へ~大量時代の終わり~】風水コンサルタント

届きました。 箱が小さいな、と思ったら組立式でした。 ほんの5分であっという間に完成。 ご存じの方も多いと思いますが、 バルミューダという日本製の扇風機です。 ほんの10年くらい前までは 白物家電と言えば、ソニーや三菱、 …

【褒めてくれる人より、耳に痛い人を離すな!】風水コンサルタント

狂った方位盤です。 右側は北と南が真逆・・・。 「一緒にいて心地いい人といる」 という話をよく耳にします。 それも一理あり。 しかし、あなたが一流の人生を歩みたければ 本当にそれだけで成功に導かれるでしょうか? 世の中に …

【その「直感」は天の声か?悪魔の囁きか?】風水コンサルタント

大きく未来を変えようとするとき、 期待やワクワク感と同じくらい、 恐怖が心を襲ってきませんか?   大きく変わる=大変 と書きますからね。。。 変わりたいと思いながらも、 もう一人の自分が このままのほうが安全だと囁く。 …

【EVAN創刊号(経済界 別冊)に掲載されます】~風水コンサルタント 宙SORA~

風水士としてではなく、 女性起業家としてのインタビュー。 名誉なことに、創刊号の取材を受けました。 EVAN 創刊号 2017年 8月号 ( 経済界 別冊) 経済界という雑誌は昭和39年創刊の歴史ある雑誌。 この女性版が …