無一文からたった3年で株式会社の社長に。風水のチカラを使って目に見えない「運」を引き寄せビジネスを短期間で軌道に乗せる!?

起業するときに考えた「持続可能な経営の在り方」にするための5つのコト

起業するときに考えた「持続可能な経営の在り方」にするための5つのコト人生は何がきっかけで大逆転するかわかりません。
私もそんなひとり。

今でこそ、「パソコン寺子屋」と称して
コンサル会員さまに毎月2回、
パソコン活用ネット集客の非公開講座を
開催している私ですが、
起業当初はパソコンなどまったく使えませんでした。



私は起業家になりたかったわけでも
占い師になりたかったわけでもなく、
借金を返済しなければならなかったので
必死でビジネスの勉強をしました。

そこでビジネスの戦略・計画を立てました。

どうしたら、短期間で風水士として成功できるか?
ただそれだけです。

風水で収入を得るために私が考えたのが
次の5項目です。

1.再投資
風水士としての知識・経験を
同業者より高めること

まず最初に考えたのは、
「どうやったら『地域一番店』になれるか?」ということでした。

とにかく風水師として活動しながら
風水で得た収入をすべて風水の勉強に充てました。

まずは収入よりも知識と経験を高めようと考え、
当時の私の鑑定料は1,500円。今の100分の1以下ですね。

ちなみにここまでの勉強代は1700万円を超えています。
まだまだ勉強することがたくさんありますから、
再投資には終わりはありません。

2.インターネット活用
認知度を上げること(ファンづくり)
※キンコン西野氏流に言えば、認知ではなく人気を高めるコト


とにかく超人見知り。
小さいころから初対面の人とは思うように人と話せず、
内弁慶でした。

こんな私が自営業になったわけですから、
私が営業しない限り、
お仕事はどこからも入ってはきません。

名刺を1枚配るのにも、心臓がパクパクするのは
今でも変わりません。

そんな私にインターネット教えてくれたのが
当時の私のメンターです。

彼の言葉を今も忘れません。

「宙SORAさん、インターネット集客を身につけなさい。
インターネットはノーリスク・ハイリターンです」

きっと正しくは、ローリスク・ハイリターンだと思うのですが
借金返済中の私には魔法の言葉に聞こえました。

そこから独学で勉強を始めるのですが、
パソコンを何台壊してしまったことか・・・(笑)
そのくらい、まったく得意では無かったところからのスタートです。

学べば学ぶほどわかることなのですが、
結論的にはネット営業とリアル営業の両輪が必須でした。

これだけでも語ることは多いので
また別の機会に書きたいと思います。

3.クラウド活用
一人で一般人の10人分仕事ができる仕組みを考えるコト
少人数で収益性を高くするには、一人の能力を高める工夫をする

従業員を雇うお金がない。
シンプルにこれが動機です。

だから、自分一人で工夫して
どんな仕事も全部引き受ける体制を取りました。

講演会や風水鑑定で県外に出張しても、
開運ツアーで海外に行っていても
雑誌の原稿チェックや鑑定の問合せなど、
いつでもどこでもできる工夫をしました。

Evernoteやドロップボックスの活用ですね。
ほかにも、会社の電話の転送や
インターネットFAXも。
スケジュール管理もすべてクラウドです。

オフィスに戻らないとできない作業を
ほぼゼロにしています。

これにより、いつでも、どこにいても
オフィスと同じ作業ができるようになっています。

また、弊社は電話での鑑定や講演依頼を
原則として受けないようにしました。
これにより、履歴が残せるので、ヒューマンエラーを
最低限まで減らすことができるようになりました。

4.仕組みづくり
仕事が入れば入るほど、
休暇も増える仕組み、
が計画できるまで実行しないこと

これは私のメンターからの教え。
この教えを起業当初に聞いていなかったら
今ごろは馬車馬のような人生を歩んでいたと思います。

「ビジネスは大きくなればなるほど、
宙SORAさんの自由時間が増えるような仕組みになっていなければいけません
もしそういう仕組みづくりができてないまま走り始めると、いつか自滅します」

衝撃的でした、が今ではこの意味がとっても分かります。
もし働けば働くほど自分の時間が減るような仕組みだったとしたら
我が社はここまで大きく成長できてなかったとはっきり言えます。

もしかしたら、私の個人コンサルとしての一番の強みは
この仕組みをつくることかもしれません。

5.持続可能であること
自分だけでなく、誰でも真似できる仕組みをつくり
やり方を独り占めせず、
仲間とシェアすること

「同業者を伸ばす」
「占術の流派を問わず学び、高め合う組織にする」
これが私が最初から貫いているコト。

占術は残念ながら流派は派閥の争いが多いのが現実。
人の幸せをアドバイスする人たちが
争っているのは、まるで宗教戦争と同じイメージです。

私は中立派。
どの先生も、どんな考え方の人も
人を苦しめようとは思っていません。

ですから、私は色んな流派の人と
交流し、学びを分かち合いたいと思っています。

そのおかげか、弊社のスクールの生徒さんは
半数近くが占い師さんです。

本業の人も、週末だけの副業の人もいます。

風水師の先生も、四柱推命、
占星術、算命学、手相、タロット・・・
逆に教えてもらうこともたくさんあります。

占術家同士、仲良く情報交換したほうが、
絶対にお客さまのためになると
私は思うのです。

というような考え方で13年、
無事に経営することができています。

よかったら無料講座も毎月開催していますので
興味あればお越しください。

無料セミナー「ビジネス寺子屋」(毎月開催)

関連記事

占いは当てるモノではなく、使うモノ。

「あなたは独身ですね」 「あなたはちょっと繊細で傷つきやすいですね」 「貯金、あまりしていませんね」 「わぁ~~当たってます~♪」 それで?どうなりますか? 先日の生徒さんの言葉から気づいたこと。 「ある占いで75歳まで …

何事も1万時間やればできる、の1万時間ってどのくらいか。

一般的に英会話でもピアノでも なにか新しいことを習得するには 1万時間が必要だと言われています。 私の場合に例えてみましょう。 風水士として活動するために まずは私のことを知っていただかなくては、と 講師業を始めたのが1 …

【人生のプラスマイナスを目先の利益で考えると、結果的に損する】

コンサルティングの中には 「勝った負けた」 「損した得した」 という話も多く伺います。 しかし、 それは本当に勝ったのでしょうか? それは本当に損したのでしょうか? というお話をさせていただきます。 「あなたのため」と言 …

トラブルの多い人はエネルギーを変えない限り繰り返す

あなたは対人トラブル、多いほう?少ないほう? 経営者にも 対人トラブルの多い人と少ない人がいて、 事業相談でも、売上よりも 対人トラブルの相談ばかり、という人も 少なくありません。 私はこんなにはっきり物事を伝える割には …

「本物の教養」「革命のファンファーレ」「君たちはどう生きるか」の共通点

ベストセラー3冊を この順番で読んでみました。 どれもすぐに読みたかったけど 脳はひとつ。 順番を決めるのは占術家らしく占いで。 実はこうした占い結果って 後で深い意味が分かったりするんです。 今回は、この順番で読まなけ …